物流倉庫

多品種ストック、大量入出庫
大型物流倉庫への導入

 

広大な倉庫から商品を1点ずつピックアップする場合の作業者負担は、移動時間と搬送物重量の2種類です。移動時間が長いほど、そして搬送重量が重いほど、人に係る労働ストレスは高くなり、その分ロボット導入効果が高い現場と言えます。人はピッキングに専念し、移動はロボットに任せる分業が、最高のコストパフォーマンスを生み出します。

現場の課題

✔️ 広大な在庫スペースで移動時間がかかる
✔️

在庫棚⇒台車、台車⇒出荷場とピッキング作業が2回発生している

✔️

重量物運搬で作業者の負担が大きい

✔️

ピッキングミスが頻発している

 

TAKUMIの答え

116584317_1666495280171381_6289779890735085523_n

棚搬送システムで倉庫一棟まるごと自動化

在庫管理システムに入力するだけで、入庫出庫に該当するストック棚がピッキング場所に呼べる既存倉庫全体を使用した自動化。

アートボード 96@2x

搬送部分だけをロボットにお任せ

作業者がストック棚からピッキングした商品をロボットに受け渡し運搬だけをロボットに任せる自動化。

  • HOME      >      
  • 物流倉庫